シンスプリントと腰痛、身体のバランスケアのため施術を受けている患者さんが、東北大会で準優勝を果たしました。

 

身体のケアをするためにコツコツと施術に訪れた結果がこの通りです。

当院に通院し痛みを改善させ、

みごと!陸上『東北高校選手権』(東北大会)八種競技で準優勝を果たしました~。

シンスプリント

 山形学院高3年 高橋一心君です。彼は、陸上部の練習で腰が痛くなったり、脛骨過労性骨膜炎(シンスプリント)の痛みで悩んでいました。

 最近、学生の間でよく「シンスプリントが痛い!」って来院する学生が多くなりましたが、診てみると下腿部の脚がO脚に多いようです。

要するにO脚のため重心が下腿部の内側に入り、筋幕が疲労よにより硬くなり炎症を起こし痛むわけです。

逆に下腿部が真直ぐな人は、内側でなくふくらはぎの外側が痛くなるようですね。

そこで彼に、なぜ他の人よりも痛くなるのかをよく説明した結果、

彼はそれを真摯に受け止め、痛くなったらすぐケアをするため来院することにした成果です。

 

自分での予防法があります。

結局シンスプリントは、普段歩く程度は痛くないのですが、走りこんだ後に痛みが出て来るのが特徴です。

走った後のケアは、少し痛いくらいに押しながらマッサージをして下さい。

適当な時間でかまいませんが、テレビを見ながらでいいですからチョコチョコ触りながら30分程度でしょうか。

また走る練習前も5分間位マッサージを行うと、意外に大きな痛みが無くて済みます。

よくエアーサロンパスやシップなど貼ったり、氷でアイスマッサージをする学生もいますが、それは全く効果はありません。

アイスマッサージはまた別の症状で行います。

そんなことでは筋肉はほぐれませんからね。

実は私も学生時代そのシンスプリントで悩んだ経験がありよくその辛さが分かります。

 

 

ところで八種競技ってご存知ですか?

これがとても過酷な競技なんです。

二日間で100m、走幅跳、砲丸投、400m、110mH、やり投、走高跳、1500m、合計八種の競技を行うんです。

それぞれの種目により点数があり、総合得点で順位が決定します。

凄いと思いませんか・・? まるで鉄人のようですね。

こんなにたくさん練習しなければならないのですから、運動神経がより優れていなければできませんね。

もちろん痛みだって出で当然ですよ。

 

故障の起きる学生にはある特徴があります。

これは何も大人にもあることですが、要するに身体が硬い学生です。

 よく施術前に、床に座って脚を伸ばし前屈させてみると全然前に曲がらないのです。(笑)

また同じように脚を開脚させると膝が浮き上がって開かないのです。

ましてやそのまま前になんて絶対曲がりませんよね。

その姿に私もびっくりします。

エッ!それ冗談でしょ・・・、みたいな。(笑)

 

話は変わりますが、あの大相撲の大横綱《白鵬》をご存知ですよね。

あるテレビで白鵬の特番を見たのですが、そんな横綱でも稽古の基本中の基本が三つあるそうです。

その一つが、股割だそうです。

あの体のデカい横綱が、大きく脚を開いて前屈させているではありませんか。

その身体の柔らかさには驚きでした。

大きく開脚した姿で、顔の頬を床に着かせているではありませんか。

すなわち、体同士がぶつかり合うわけですから怪我しないようにストレッチで柔軟性を養っているわけですよね。

ケガをして欠場になったりすれば横綱という誇りが無くなるわけですからね。

ほんとにたいへんなはずです。

 

 話を戻しますが、そこなんです。故障の起きやすい原因とは身体の硬さなんです。

 彼の場合もやはり身体が硬いものですから故障しやすいのですね。

ですから最初にお話ししたように当院によくちょくちょくケアしに来るのです。

また彼は、「肩が痛い・腰が痛い・・・。」とも訴えて施術をいたしますが、これもやはり身体の硬さからバランスが悪くなるからです。

 

当院では脚が痛いと言っても、必ず骨盤矯正をしバランスを調整します。

まず、バランスを良くするために臀部の筋肉をほぐします。

臀部には坐骨神経と言われる体の中で一番太く最強な神経があります。

それを矯正することにより、脚全体が血流も良くなり軽くなるからです。

それから各部の痛めた箇所を集中に施術します。

 高橋君は、その整体を行いながら身体を解し痛みを改善させていきました。

 シンスプリント

次はまた、国民体育大会陸上競技山形県予選会、そして全国インターハイと続くそうです。

そのために、これからもトレーナー役として体のメンテナンスをさせていただきますね。

シンスプリント

 ………………………………………………………………………………………………………….

スポーツは怪我が付き物ですから、痛くなったらすぐ1回で治し、そしてまた明日の練習に繋げることが肝心です。

まずはご相談くださいね。

創業昭和39年【山形・寒河江市の整骨院】
  藤 田 接 骨 院

 寒河江市丸内1丁目1-8 
 電話(0237)84-4027
 受付時間:午前8:30~12:00 午後2:00~6:30
 日曜・祝祭日休診

公式ホームページ まずはここからご覧ください。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.sagae-sekkostuin.jp/

交通事故治療 むち打ちブログ
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.sagae-sekkostuin.jp/category1/syoujou13/

スマホ版ホームページ
↓  ↓  ↓  ↓ 
http://山形整体.com/

【エキテン】にたくさんの口コミをいただきました。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.ekiten.jp/shop_2553191/review.html?tnm=mu

交通事故治療 優良認定院
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.jikoten.jp/certified/chiryo_00149.html

藤田直也のフェイスブック
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  
https://www.facebook.com/sagaefujita

 

電話でのお問い合わせは

インターネットでのお問い合わせは

コメントを残す

このページの先頭へ