代替医療(作成中)

代替医療とは?

現代西洋医学以外の医療行為の総称として、つまり西洋医療の代わりということです。

 

補完医療とも呼ばれ、私たち柔道整復師(整骨・接骨院)も含め、

理学療法・鍼灸・按摩マッサージ・整体・カイロプラクテックなどが主になります。

 

その歴史は古く、私たちの行う手技療法は、古来の欧州 中国から伝わり

五千年もの歴史があるそうです。

 

また私たちの柔道整復師も古来の柔術から伝わり、ほねつぎと称されました。

 

他国においては、代替医療が世界的に新しい医学の潮流となりつつあり、

その先進国アメリカでは、世界的な最先端医学研究施設の一つとしてOAM(代替医療事務局)を設立し、

現在、OAMには年4千万ドルの資金が充てられ、この分野の科学的研究は急速に進み、

ハーバード、コロンビア、スタンフォード大学など10ケ所に研究センターが設立され、

一部学生に対する講義も始まっているそうです。

 

現代医療と代替医療の比較

現代医療、すなわち西洋医療はめまぐるしい進歩を遂げてきました。

 

 特に国内では外科手術や薬の発達により急性疾患・救命・延命はすばらしい発展です。

 

ただ弱点と言えば、現代医療は慢性疾患に対しては苦手という点です。。

 

 例えば、国内の整形外科に訪れる患者さんの90%は慢性疾患と言われ、

約8割以上は未病だそうです。

 

未病とは、病院でレントゲン・CT・MRIなどの検査により特に異常が見当たらないものです。

 

確かに大きなケガでもなければ単に腰痛や肩こりといった症状は検査しても何も現れず、

ただ薬だけで様子をうかがうというものです。

 

逆に私たちの分野の代替医療は慢性疾患に対し強みがあります。

 

それは現代医療とは異なる独自の診断基準で、筋・骨格・神経系を診て

薬や外科的手法を使わない物理療法による伝統医療です。

 

例えば腰や膝の痛みであれば、身体のバランスの歪からくる場合もあるので

骨格を矯正するとか、また鍼やマッサージを行い代謝を高める方法などです。

 

根本的に弱まった身体から本来持つべく治癒力を引き出す施療ですから

薬のような副作用というものがありません。

 

そこで私なりの西洋医療と代替医療の比較として、

 

長生きさせることができる医療は、西洋医療

 

健康にさせるための医療は、代替医療

 

と考えます。

 

いずれにしても両方が必要なものですよね。

 

ただ、代替医療と言っても民間療法的な、例えば心霊療法など

科学的根拠のない疑わしいものもあるので注意が必要です。

 

WHO(世界保健機関)は、この代替医療を重要視

 

このページの先頭へ